Nippon Ganka Gakkai Zasshi. 1989 Mar;93(3):322-8. Japanese.

Effects of vancomycin and ofloxacin on rabbit ERG in vivo.

Mochizuki K, Torisaki M, Yamashita Y, Shirao Y, Sasaki T.

Vision Res. 1996 Mar;36(6):787-95.

L-Glutamate-induced responses in OFF-type bipolar cells of the cat retina.

Sasaki T, Kaneko A.

Am J Ophthalmol. 2005 Dec;140(6):1065-1069.

Nasolacrimal duct obstruction classified by dacryoendoscopy and treated with inferior meatal dacryorhinotomy. Part I: Positional diagnosis of primary nasolacrimal duct obstruction with dacryoendoscope.

Sasaki T, Nagata Y, Sugiyama K.

Am J Ophthalmol. 2005 Dec;140(6):1070-1074.

Nasolacrimal duct obstruction classified by dacryoendoscopy and treated with inferior meatal dacryorhinotomy: Part II. Inferior meatal dacryorhinotomy.

Sasaki T, Nagata Y, Sugiyama K.

J Ocul Pharmacol Ther. 2006 Dec;22(6):455-9.

The inhibitory effect of nilvadipine on calcium channels in retinal ganglion cells in goldfish.

Sasaki T, Nakatani Y, Sugiyama K.

Jpn J Ophthalmol. 2007 May-Jun;51(3):175-80..

Elevation of intracellular ca(2+) concentration induced by hypoxia in retinal ganglion cells.

Sasaki T, Kaneko A.

佐々木眼科
福井県坂井市三国町三国東5-2-6 〒913-0016 tel: 0776-88-0033 fax: 0776-88-0233

[Effects of aminoglycosides on the rabbit in-vivo ERG]

Mochizuki K, Torisaki M, Yamashita Y, Sasaki T, Shirao Y.



Sasaki T, Miyashita H, Miyanaga T, Yamamoto K, Sugiyama K.

Dacryoendoscopic observation and incidence of canalicular obstruction/stenosis associated with S-1, an oral anticancer drug.



院長:佐々木次壽(ささき つぎひさ)

ご挨拶
現代はこころとテクノロジーの時代です.現在の優れた医療は先人の献身,努力とテクノロジーの進歩によってもたらされたものです.当院は患者様ひとりひとりを尊重しつつ,優れた技術は積極的に取り入れ,後生の評価に耐える良い医療を提供したいと思います.


所属学会
日本眼科学会(日本眼科学会認定専門医)
日本緑内障学会
日本涙道・涙液学会
日本眼手術学会
日本眼形成再建外科学会
アメリカ眼科アカデミー

経歴
1987年 金沢大学医学部卒業,同眼科入局
1989年 慶應義塾大学
1997年 金沢社会保険病院
2001年 慶應義塾大学助手
2002年 金沢大学助手
2003年 同講師
2006年 福井県立病院
2009年 佐々木眼科
2010年 金沢大学臨床教授





業績(口演は多すぎますので除いています)


J Glaucoma. 2007 Sep;16(6):531-8.

A pilot study to detect glaucoma with confocal scanning laser ophthalmoscopy compared with nonmydriatic stereoscopic photography in a community health screening.

Ohkubo S, Takeda H, Higashide T, Sasaki T, Sugiyama K.

Jpn J Ophthalmol. 2009;53(2):145-50.

Dacryoendoscopic surgery and tube insertion in patients with common canalicular obstruction and ductal stenosis as a frequent complication.


Sasaki T, Sounou T, Sugiyama K.

Jpn J Ophthalmol. 2012 56(3)214-218.

原著論文

Medial blepharosynechioplasty: a new surgical concept for severe dry eye.

Sasaki T, Ota T, Ookura Y, Sugiyama K.

Clin Ophthalmol. 2012;6:963-5.



プロフィール

Nippon Ganka Gakkai Zasshi. 1989 Jan;93(1):80-5. Japanese.











論文(総説,その他)

佐々木次壽 

涙小管.涙道の治療.

眼科vol52(8) P987-996(2010.8)



佐々木次壽 

小児の眼科疾患6 涙目.

チャイルドヘルスvol13(6) P27-30(2010.6)



佐々木次壽 

鼻涙管閉塞とその類縁疾患-小児の流涙と眼脂.

小児内科vol142(6) P210-216(2010.6)

廣瀬美央,宮崎千歌,佐々木次壽 

基礎からの涙道-自己流の涙管通水だけで診断していませんか?part1(成人編)

眼科手術vol123(1) P110-116(2010.1)


宮崎千歌,廣瀬美央,佐々木次壽 

基礎からの涙道-自己流の涙管通水だけで診断していませんか?part2(小児編)

眼科手術vol123(1) P117-120(2010.1)


中谷雄介,小林顕,佐々木次壽,杉山和久,

嚢胞内に血腫を伴った結膜嚢胞の1例とその嚢胞摘出における着色ヒーロンの有用性.

臨床眼科vol 60,(8) P1429-1431(2006,8)


佐々木次壽

[特集]眼科小手術, 涙嚢鼻腔吻合術鼻外法.

眼科vol 47(4 )P425-430(2005.4)


佐々木次壽,

ワンポイントアドバイス 涙嚢鼻腔吻合術鼻外法のトラブルシューティング 出血対策.

眼科手術vol17(4) P546-548(2004.10)


佐々木次壽 

DCR鼻内法の基本(後編)

眼科手術vol17(3) P378-380(2004.7)


佐々木次壽,

DCR鼻内法の基本 鼻腔と涙道の解剖学的知識が重要.

眼科手術vol 17(2) P206-207(2004.4)


佐々木次壽,

[特集]涙道再建術,涙道内視鏡と鼻内視鏡を用いた涙道再建術.

眼科,45(2),

Page211-219 (2003.2)


佐々木次壽,鈴木亨, 白尾裕,

涙道内視鏡と鼻内視鏡を用いた涙嚢鼻腔吻合術鼻内法.

眼科vol 44(7) P1021-1026(2002.7)



佐々木次壽,白尾裕,

ニルバジピンは金魚網膜神経節細胞のLCaチャネルを抑制する.

日本臨床視覚電気生理学会誌X, vol 24 (2002.7)



佐々木次壽,白尾裕,

涙道再建術,涙道内視鏡と鼻内視鏡を用いた涙道再建術.

眼科,vol 41, P1587-1591(1999)


著書

佐々木次壽,佐藤美保共同編集

眼手術学3 (眼筋,涙器) 文光堂
2014


佐々木次壽,

外眼部手術と処置[涙嚢鼻腔吻合術鼻外法]

眼科プラクティス192008.1, P201-207


佐々木次壽,

外眼部手術と処置[涙嚢鼻腔吻合術鼻内法]

眼科プラクティス192008.1, P208-213


佐々木次壽,

外眼部手術と処置[鼻涙管鼻腔吻合術下鼻道法]

眼科プラクティス192008.1, P214-220


佐々木次壽,

スタンダード眼科顕微鏡手術, 涙道 [シリコーンチューブ直接挿管法].

眼科診療プラクティス 962003.7, P350-354


佐々木次壽,

涙道編. 

Eye surgery バトルロイヤル,2003.7, P350-354


佐々木次壽,

スタンダード眼科顕微鏡手術, 涙道 [涙嚢摘出術]

眼科診療プラクティス 962003.7, P347-349


佐々木次壽,

涙道疾患の診療[涙小管掻爬術]

眼科診療プラクティス802002.2, P44-46


佐々木次壽,

涙道疾患の診療[涙道内視鏡]

眼科診療プラクティス802002.2, P90-93


佐々木次壽,

北國からだの本,愛してますかあなたの眼,監修 河崎一夫 涙の話-涙は本来なら目から鼻に抜けるはずですが―,

北國新聞社, 1999, p61-67


国際学会発表


Sasaki T, Miyazaki C, Hirose M, Sounou T, Sugyama K

Patients with an S-1 associated lacrimal disorder could be treated as an idiopathic canalicular obstruction

2013年9月20日 European Society of Ophthalmic Plastic and Reconstructive Surgery (ESOPRS,Barcelona,Spain)

Sasaki T, Miyazaki C, Hirose M, Sugyama K

Dacryoendoscopic observation and incidence of canalicular obstruction/stenosis associated with S-1, an oral anticancer drug

2012年9月14日 European Society of Ophthalmic Plastic and Reconstructive Surgery (ESOPRS,タリン,エストニア)


Sasaki T, Sounou T, Sugiyama K.

Dacryoendoscopic surgery and tube insertion in patients with common canalicular obstruction and ductal stenosis as a frequent complication.2010年9月10日 European Society of Ophthalmic Plastic and Reconstructive Surgery (ESOPRS,ミュンヘン,ドイツ)


T Sasaki, K Sugiyama Endoscopy of the subconjunctival space. International glaucoma symposium. 2007年3月28日(アテネ,ギリシャ)


T Sasaki, The effect of betaxolol on L-type Ca channel in horizontal cells. 71th Association for Research in Vision and Ophthalmology. 1999年5月9日(フォートローダーデール,アメリカ)


T Sasaki, Dacryoendoscopic observation of the lacrimal passage and dacryoendoscope assisted probing. 20 th Meeting of International Society for Orbital Disorders. 2000年5月19日(福島)